葬式

最新のお葬式での服装のマナーを考える

画像
お葬式やお通夜といえば、突然その日がやってくるのが常というものです。
その時になって慌てないためにも、きちんと服装の準備をしておくことが大切でしょう。
喪主や遺族である場合、原則として喪服を着用するのが一般的です。
通夜においては正式な喪服でなくても構わないのですが、黒のスーツで出席するのが良いでしょう。
男性の場合、タイピンやポケットチーフはしない方が無難です。
ネクタイや靴下、靴もシンプルな黒色で統一しましょう。
女性の場合は和装と洋装に分けられます。
和装の場合は、夏は黒の紋付を着用し、帯締めや髪飾りはつけてはなりません。
草履は黒色が良いですが、足袋は白でも構いません。
洋装だと、黒の無地のワンピースやスーツなど、シンプルなデザインのものがベストです。
バッグは金具のついていないタイプが良いでしょう。
スカートは膝が隠れるぐらいの長さで、あまり短すぎるものは避けた方が無難です。
アクセサリーは結婚指輪であればよいですが、その他に付ける場合は、真珠のネックレスが一般的です。

最新の

画像